So-net無料ブログ作成

SCEの次世代携帯ゲーム機 「NGP」の印象 [PlayStation]

p08.jpg
27日、ソニー・コンピュータエンターテイメントから、事実上のPSP後継機
「Next Generation Portable」(コードネームNGP)が発表されました。
高性能な4コアCPUに、3G通信機能、5インチの有機ELディスプレーに
静電タッチパネルといったところが大きな特徴になってます。

プレステの神様、久夛良木さんが退いてから初めてのハード開発(PSPgoなんて
のもありましたが…) ということで、ソニーのゲーム事業は大丈夫だろうか?という
不安もありましたが、フタをあけてみれば、PSPの正常進化型になっていて
まずはひと安心した、というのが私の最初の印象です。

もっと林檎化(アップル化)してしまうかと思いましたが、正統なゲーム機として
ちゃんとプレイステーションしてました。


CPUなんかは、携帯機としては驚愕のハイスペック搭載してきて、大きな有機ELを
使い、今や携帯機に欠かせないタッチパネルを搭載してくるとこなんかは
かなり想像できた部分でもありました。
コンピューター関係は、今は凄くても、すぐに陳腐化してしまいますからね。
特にこのNGPは2020年まで、通用してもらわなきゃなりませんから…


問題はゲームの供給媒体、UMDをどうするのか? が一番の問題と思って
ましたが、あっさりと切り捨てて、フラッシュメモリベースの新しいゲームカードを
採用してきました。UMDディスクの製造コストの安さ、小ロットでも生産可能、
リピートも早いなど、初代PS時代に大成功したシステムのメリットもありましたが、
それ以上に携帯機ではデメリットが多く、互換をあきらめ、ここは致し方なかった
ってとこでしょうねぇ…

UMD版のブルーレイ?なんて考えたこともありましたが、こうしてハッキリすると
非現実的だったな、と思いました。そう、MDは終わったんです。
ダウンロード販売のみという選択もあったと思いますが、実験機goの失敗で
やはり物理メディアは不可欠という結論で、この形がベストでしょうね。


本来なら「新型PSP2!」という名前で良かったでしょうが、その部分…
PSP=UMDという図式がある為、その名前にするには躊躇したのかもしれません。
とりあえず、コードネーム、NGPとなってますが、正式名称検討中で最終的には
PS?ホニャララ…?になるかな、という気がしてます。
フレッツ光ネクストなんかも”ネクスト・ジェネレーション・ネットワーク” NGNという
言葉使ってますし、ネクストジェネレーション、次世代という言葉は響きがいいんで
しょうね~。 PSPNEXT? PSG(ジェネレーション)?、何になるかな?
結局、最終的には「PSP2」で落ち着きそうですが…^^ゞ

p07.jpg
        NGPの背面 背面も静電タッチパネル(バックタッチパッド)


価格については、今回一切触れられてなかったですが、これは企業戦略
になるので、最後の方まで明らかにされないでしょうね~。
恐らく早くても、秋の東京ゲームショウ辺りまで発表はないかと…

機能だけとってみれば、楽に5~6万はしそうなブツですが、意外と私は安く
提供してくるとみてます。有機ELもイメージは高価なイメージがありますが
量産効果で意外と安く仕入れられるような気もしますし、何より今までの
UMDドライブ、これが結構、部品点数も多く、コストダウンが難しい箇所でも
あったので、これがなくなったことで、意外とコストはかからないのでは?と
みてます。

近々登場する任天堂3DSとの絡みもあるので、あちらが25000円。
これはソニーとしてみれば、シメシメ… と思ったかもしれません…
一番妥当な線でいえば、29800円ぐらいが適当だと思いますが
3DSに合わせこんで、24800円もあると思ってます。
勝ちにいくなら、逆ざや覚悟で19800円も可能性あるかと…
いずれにせよ、高いと売れないという、PS3で苦い経験を積んでるんで
携帯ゲーム機として、子供が買える価格で収まるかと…


バッテリーについても触れられてませんでしたが、有機ELは省電力だし
電機食いのUMDもなくなって、結構持つだろうなと…
ただ交換できるように設計してもらいたいですね。内蔵電池は嫌です。

メモリースティックスロット、あるいはSDスロットなんかも見当たらないですが
最終的にはどうなるんだろう…? HDMImini端子なんかも欲しいな…
ま、そんなこと言ってるとコストが青天井ですが…^^ゞ
スピーカーの位置なんかも指で塞いじゃいそうな微妙な位置だし、まだ最終系の
デザインではないので、ここから若干変更する可能性はありますね。


そして問題のゲームソフト。ここが任天堂に較べると弱い部分ですが…
とりあえず、まだ発表にはありませんが、「リッジレーサー」は来るでしょうね~。
ローンチ請負人、初期ベンチマークソフトの達人…
レースゲームってのは、そのハードの性能を最もわかりやすく魅せてくれるし
まぁ、今回も来るでしょうね~。頑張れバンダイナムコ!


…といった感じで、この次世代PSPは200%、絶対買います。
発売は年末、11月~12月頃だと思いますが、それまで待ち遠しいですね。
国内で初めての実機でのお披露目は、秋の東京ゲームショウでしょう…
これも多分、行くでしょう~。絶対この目で確かめたいですね。

また情報が入り次第、ここにも書いていきたいと思います。[わーい(嬉しい顔)]



nice!(62) 

nice! 62


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。