SSブログ

新車ラッシュ! ジュネーブショーの話題 [Car]

11_l.jpg
                  ランボルギーニ・アベンタドール (イタリア)

世界5大モーターショーのひとつ、ジュネーブショー[車(セダン)] が現在スイスで開催
されてるんですが、クルマ好きにはたまらない、ワールドプレミアラッシュ
私、”はま大寺”は大興奮です! その話題を…
                               (写真元はcarview.com

まずは、ランボルギーニ・アベンタドール。
ムルシエラゴの後継モデルがついに登場、6500ccのV12、700馬力。
モノコックにカーボンファイバー使って、重量は1575kgとの事。これだけ軽くて
これだけのパワーだと、とんでもないパフォーマンスになりそうです。

デザインもムルシエラゴをもっとシャープに絞り込んだような、なんかだんだん
リッジレーサーに出てくる車みたいになってきたな…
この色だと、ザリガニに見えてきた。(^^ゞ
跳ね上げ式のガルウイングドアは、やはりスーパーカーの象徴、リア回りは
グランツーリスモのシトロエンGTに雰囲気が似てるかな、って印象をうけました。
 

14_l.jpg

ちなみに日本での価格は、約4000万円だとか… 
中東の貴族とか、石油王なんかが似合いそうな車ですね~。
ランボルギーニらしく豪快なスタイルで、とにかくカッコよくて目立つけど
これを買える人は、日本ではごく限られた人達になりそうですね。

**************************************************

18_l.jpg
                             フェラーリ・FF (イタリア)

ランボルギーニに対して、フェラーリも新車を投入!
FFという名前がかなり紛らわしいが、フェラーリ初の4WD車。
たとえるなら、「細井」って名字なのに、太ってんじゃねぇか~、みたいな。(^。^ゞ
 (全国の細井様、ネタですのでお許しを)
話逸れましたが、従来の4人乗りの「612スカリエッティー」の後継車になるようです。

特徴的なリアの部分、シューティングブレークという形状で、本来は
猟犬と銃をそこに載せて、ハンティングに行くスタイルからきてます。
日本人からみると、ハッチバック・スタイルになるんでしょうか…

リアシートを畳めば、かなりの荷物が詰めるという、フェラーリらしからぬ
実用モデルということで… プレゼンには砂漠や雪道を疾走してる姿も
公開されてましたね。

14_l.jpg

かといって、そんなに荷物が詰める感じはしませんね。笑
果たして、どれだけ市場に受け入れられるか? 注目のモデルです。
やはり自分は、458イタリアのような車がいいなぁ~。

*************************************************

12_l.jpg
                  アルファロメオ・4C GTAコンセプト (イタリア)

これ、一番のお気に入り!!
少し前に、アルファロメオ8Cというスーパースポーツの限定車がありましたけど
それをもっと手頃にした、ライトウエイト・スポーツカーが登場するようです。
どうやら2012年の発売が決まったみたいですね。

全長4m以下の、1,8リッター直4ターボの2シーターミッドシップ。
ロータス・エキシージのアルファ版みたいな感じですよね。
軽くて、キビキビ動いてくれて、ハンドリングも楽しそうだな~~!
スタイルも、アルファロメオ臭プンプン♪  いい!これは実にいい!


06_l.jpg
                         メルセデス・ベンツ SLK (ドイツ)

メルセデスの新型SLKも、ジュネーブショーにてワールドプレミア。
SLKも3代目になるのかな? だんだんマッシブな感じに変わってきました。
初代は女性向けの柔らかいデザインだったのが、先代からメルセデス本来の
力強いデザインへと変わってきましたね。

なんといっても前にそびえるスリーポインテッドスターが、黄門様の印籠のような
それがメルセデスの歴史というか、すべてを物語ってる気がします。
何に一番乗りたい?と聞かれれば、結局はメルセデスって私はそうなりますね…
何なんでしょう、この魅力は…


01_lb.jpg
                           パガーニ・ウアイラ (イタリア)

今回のショーは、イタリア車が元気だったのですが、そのイタリアのスーパーカー
パガーニ社の「ウアイラ」も初お披露目。 ゾンダの後継車ですね。
名前も変わった名前なら、デザインもまたイモムシみたいで個性的だ。^^ゞ

AMG製の6リッターV12エンジンを載せて、最高速は370km以上。
1億2000万円ぐらいと言われてる価格も、まさしくスーパーカー。
こういうの出てくること自体、日本じゃ絶対考えられない、やっぱラテンの血ですかね。


06_lb.jpg
                         ランチア・イプシロン (イタリア)
01_lc.jpg
                           ランチア・テーマ (イタリア)

イタリアの名門、高級ブランドのランチア。
古くはストラトスが真っ先に思い浮かびますね~。(^-^)
イプシロンの方は、小さな高級車といった感じの、ツートンカラーの使い分け
にしても、かなりオシャレな車だなという印象。

一方のランチア・テーマの方は、「クライスラー300C」のOEMなんですよね…
フィアット(ランチアの親会社)と、クライスラーが少し前に業務提携したので…
マークを変えただけの、アメ車そのもの…
なんだか、正直ガッカリ感が、、、 
ランチア・ブランドが安っちく見えちゃうんですなぁ…
フィアットも北米市場を狙っての戦略なんでしょうが、コレ売れるのかなぁ?


02_lb.jpg
                 アストンマーチン・ヴィラージュ (イギリス)

アストンもこの新型で「ヴィラージュ」の名前が復活。
DB9とDBSの間を埋めるモデルらしい。
どれもみんな同じように見えるっちゃ、見えるんですが…
6リッターV12、いい音がするんでしょうね~。


01_ld.jpg
                     スズキ・スイフト Sコンセプト (日本)

どうやら次期スイフト・スポーツということになるみたいですね。
スイフトはどこかヨーロッパ車っぽくて、そこが一番の魅力ですね。
この黄色のせいか、ルノーっぽくも見えるし、日本車の中で数少ない
欲しいと思わせてくれる車です。


04_l.jpg
                              トヨタ・プリウスプラス (日本)

やっぱりね、といった感じで、7人乗りのプリウスが登場。
バッテリーをニッケル水素から、コンパクトなリチウムイオンに変更したことで
3列シートを可能にしたようです。

3列目なんて、緊急用でかなり狭そうな感じしますが、日本じゃ7人乗りと
すると、みんな飛びつくようで、なんか売らんが為の無理矢理感がありますねぇ。
実際、この手の車でも5人以上乗せて走ってるの見た事ないですが…
EVにしても、結局、電気作るのに、火力発電でたくさんの石油使うわけで、、
どっちが先かって話で、電気だから必ずしもエコってわけではないですよね。。


02_l.jpg
                       トヨタ・FT86Ⅱコンセプト (日本)

徐々に市販化に一歩一歩、近づきつつありますね~。
20年前なら”どうってことない車”ですが、今の日本においては、ヒジョ~に貴重な
何か、なかなか子供が授からなかった夫婦に、待望の赤ちゃんが出来たような
そんな、喜ばしい状況の車。 2ドアってだけでも皆無に近いですからね…
タクシーでもない限り、後ろはそんな開け閉めしないと思うのですが…

諸経費諸々で200万切ってこないと、トヨタが買って欲しい、日本の若者には
売れないでしょうね… 結局こういうのは、スーパーカー世代のオジサンか…


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



とにかく、ニューモデルラッシュで盛り上がってる、ジュネーブショーなわけですが…

本来であれば、これらが皆、今年12月の東京モーターショーへ上陸!と
なるわけですが、いかんせん日本人の車への興味はなくなり、運転嫌いな人も多く
7人8人乗りのミニバンしか売れない、ガラパゴス化した特殊なマーケットを考えると
もう日本でのモーターショーというのは厳しいかもしれません…
既にアメリカのビック3は、東京モーターショー不参加を決めたようで…

とにかく12月に行く予定なので、(今年からは規模縮小、東京ビックサイトで開催)
一社でも多くの外車勢に来日してもらうことを願ってます。


追伸、ポリフォニーデジタルの皆様、既出のプレミアムカーの製作
よろしくお願いします♪ [わーい(嬉しい顔)]


nice!(57) 

nice! 57

ポケットビット USBメモリ4GB大地震 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。